ビーグレンのシミとり使って着実に薄くなっているので報告します

ビーグレンのシミ取りとは?

ビーグレンの代表的なシミ取り化粧品の一つに「ハイドロキノン」というものがあります。

ビーグレンのハイドロキノンを初めて使い始めたのが3月ごろ。

ハイドロキノン化粧品でシミを28日で薄くする
ハイドロキノン化粧品でシミを28日で薄くする
ハイドロキノンと一言でいってもいろいろな種類があります。ハイドロキノン初心者の私はできるだけ安心して使えるものをそして確実に効果があるものを基準にして選びました。肌の周期が28日と言われているのでまずは28日でシミを少しでも薄くすることから始めたいと思います。

それから、だんだんとでも、着実に薄くなってきているので2本目購入したのが、7月頭。

そのビーグレンのシミ取り化粧品(ハイドロキノン)が、まだ8月になった今もあるので、(しかも2人で使っているのにまだあるのに!)

とんでもなくコスパがいいなと思います。

ハイドロキノン使って28日目。確実にシミが薄くなった!
ハイドロキノン使って28日目。確実にシミが薄くなった!
3月下旬からシミ消し(私は肝斑、彼はシミ)を消したくて毎日せっせとハイドロキノンをぬり続け、28日目が過ぎようとしていますが、確実にシミが薄くなりました。鏡を見るのがちょっと楽しくなった今日この頃です。シミが消えた秘訣と経過を紹介しています。

ビーグレンのハイドロキノンの化粧品。
通称、ビーグレンのシミ取り化粧品です。



今年はお風呂上がりには何より先にこのビーグレンのシミ取り化粧品であるハイドロキノンのクリームをぬっています。

そのがんばりに肌も応えてくれているのか、着実に、確実にシミが薄くなってきているのも嬉しい。

ちなみにシミにも種類があります。

私は、肝斑というホルモンバランスがくずれてしまってできるシミ。
(目の下頬の部分にばぁっとできます。)

そして、一緒に使っている彼は、日焼けで焼けてしまったシミ。
(ポツン、ポツンと、頬の外側にあります。)

シミがあると誰でも確実に年をとって見えるので、やはりここは早急に処理しておきたいところでした。

早く処理すればするほど、シミの対処は簡単です。
でも私たちは、結構ギリギリになるまで放っておいてしまっていました。

だから、余計にかかっているのかと思いますが、やはりハイドロキノンという成分はシミ消しとも言われても言い過ぎではないぐらいちょっとずつではありますが、着実にシミを消してくれています。

まさに魔法の消しゴム!

ちなみに、肝斑よりもちょっとした紫外線のせいでできたシミの方が早く治っているようです。
(彼の方が確実に目立たなくなってきているので。。。)

では改めて、今私たちがせっせと使っているビーグレンのシミ消しクリーム(ハイドロキノン)を紹介します。


ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の基本データ


おすすめ度★★★★★
通常価格:6480円(税込)
(194ポイントのポイントがつきます。)
送料:無料
365日間返品・返金保証



ビーグレン ハイドロキノン

あらゆるシミを消してくれる美容液

何を使っても結果が出ないという方へ。これを最後の美容液にしませんか。

シミや、肝斑、色素沈着、そばかすなど消しゴムのように
さーっと消し去ってくれる
のがビーグレンが以前から注目していた

「ハイドロキノン」

この成分が、ビーグレンの特別な技術「キューソーム」により
肌の奥のシミの部分にアタックしてくれます。

結果、肌に明るさと輝きをもたらしてくれます。

>> さらに詳細をみる

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の商品の詳細

販売元 株式会社 Beverly Glen Laboratories, Inc.
内容量 QuSomeホワイトクリーム1.9 (15g) x1

パール1〜2粒程度を夜のみ使用で1ヶ月強使えます。
1日あたり費用 約108円
成分・素材 水, プロパンジオール, スクワラン, ハイドロキノン, セテアリルアルコール, テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, ゴヨウマツ種子油, ジメチコン, ステアリン酸グリセリル, ベヘニルアルコール, ジステアリン酸PEG−23グリセリル, アスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, ヘキシル3−グリセリルアスコルビン酸, オリゴペプチド-34, オリゴペプチド-68, オキソチアゾリジン, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ゲンチアナ根エキス, ビオサッカリドガム-1, ラムノース, グルコース, グルクロン酸, トコフェロール, グリセリン, BG, ステアロイルメチルタウリンNa, ステアラミドプロピルジメチルアミン, ステアリン酸ポリグリセリル-10, ステアリン酸PEG−55, ステアリン酸ソルビタン, バチルアルコール, ステアリルアルコール, マカデミアナッツ脂肪酸コレステリル, ステアリン酸コレステリル, リナロール, 乳酸, 乳酸K, フェノキシエタノール, ピロ亜硫酸Na, EDTA-2Na
形状使用方法 夜のみ使用
化粧水やクリームを塗った後に、パール1〜2粒のQuSomeホワイトクリーム1.9を手のひらにとって顔全体につける
返金保証 365日返品可能・返金保障
(ただし、返送料と、返金時の振込手数料は、お客様負担)
支払方法  クレジットカード、代金引換、後払い


ビーグレン ハイドロキノン

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)はこんな方におすすめ

オリーブチェック  シミを早く消したい
オリーブチェック  肝斑に悩んでいる
オリーブチェック  そばかすが気になる
オリーブチェック  化粧品でシミを消したい
オリーブチェック  いろいろ使ってみたけど結果が出ない
オリーブチェック  色素沈着が悩み
オリーブチェック  ファンデーションでいるも肌を隠している
オリーブチェック  肌のせいで顔全体が暗く見える
オリーブチェック  安心できる化粧品を使いたい
オリーブチェック  肌の透明感をアップしたい
オリーブチェック  紫外線を跳ね返せる肌になりたい

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の特徴

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の特徴は大きく3つ挙げられます。

① 結果に注目した「ハイドロキノン」を使用
② 肌の奥にまで届くビーグレン独自の技術
③ ビーグレンの化粧品に対する思いが並大抵ではない

① ハイドロキノンを使用

シミを消したい時に、クリームに使う成分というのが、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」です。

「トレチノイン」は、日本では認可されていないので、一般的に使うことはできません。

そして「トレチノイン」と同じぐらいシミを消すクリームとして「ハイドロキノン」。
ビーグレンもこの「ハイドロキノン」を使っています。

この「ハイドロキノン」はアメリカでは皮膚科医が40年に渡って効果を認めていて、肌に明るさをもたらす成分としても知られています。

また、ブライトニング効果も期待できるので、シミを消すと同時に肌の内側から輝く、透明感がある肌になることができます。

② 肌の奥にまで届くビーグレン独自の技術

どんなにいい成分だとしても、肌の奥まで届かなければ意味がありません。

その点、ビーグレンの化粧品は全て独自の技術である”キューソーム”で肌の奥にまで大事な成分が届くようになっています。

シミにいいと言われる成分が入った化粧品をどんなに使ったとしても効果がないと感じたのは、そのいい成分が肌の大事な部分に届いていなかったから。

ビーグレンの化粧品は、その肌に浸透するという深度に着目して、作られています。

③ ビーグレンの化粧品に対する思いが並大抵ではない

もともとビーグレンの化粧品は、開発者の奥様の悩みの声から始まっています。

奥様は、「高い化粧品をどんなにつけてもなかなか結果が出ない・・・」

とすごく悩んでいたんだろう。

そこで、開発者は、奥様の化粧品の成分をみてすぐにその謎を解明できたんだとか。
というのも、奥様が使っている化粧品は、確かにいい成分を使ってあるけど肌の表面までしか届いていない。

そこで、悩める妻のために自分で化粧品を作ったんだそうです!
(これはすごい!)

実は、ビーグレンの開発者は、ガン患者さんが幹部に薬を塗る時に、どうしたらその薬が体の奥まで浸透してくれるのかという研究をしていて、「浸透させる」ということに関してはプロ中のプロだったわけです。

結果、奥様も、周りの人もびっくりするぐらい結果が見える化粧品を作り上げます。

それがビーグレンの記念すべき化粧品1号である「Cセラム」です。

ビーグレンの化粧品は、「女性がきれいになりたい」という思いをしっかりくみとって作らていると思います。

そして、その化粧品に関して、絶対的な誇りと、お客様にきれいになってほしいという思いがビーグレンにはあるんじゃないかなぁと思います。

だからこそ、

・ 最初の購入ではトライアルキッドをすすめられる
・ 365日返金保障してる
・ 電話した時の対応がものすごく細かくて丁寧。

だから、電話してもものすごく気持ちのいい回答をしてもらえるし、毎回届く、商品に入っている冊子もしっかり作ってあるので読んでいてとても参考になります。





ビーグレン ハイドロキノン

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の期待される効果について

このビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)には、他にも

・ 肌の明るさを保ってくれるβホワイト
・ 肌本来の力を引き出してくれるハイビスカス花発酵液
・ いきいきとした肌へ導いてくれるゲンチアナ根エキス

が含まれています。

そのため、ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)は、シミを消してくれるだけでなく、明るく、いきいきとした肌を取り戻すことが期待できます。

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の副作用について

私もこのビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の化粧品をずっと使っていますが、全く問題ないし、かゆかったりただれたりするなどの副作用を感じたことはありません。

ただ、肌には個人差があるので、もしヒリヒリ感や、赤みが出てきた場合は、一旦おやすみされることをおすすめします。

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)はどこで購入すると良いか?

このビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)は、公式ホームページが一番お得です。

楽天で同じものが売られていますが、6942円。

Amazonでは、5980円でしたが、Amazonで取り扱われていたビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)は一つ型が古いものでした。

公式ホームページで購入すると何がお得なのかというと、

自動的にポイントが付与さえるので、次回購入する時にさらに値引きして購入できます。

さらに嬉しいのは、購入した商品と関係があるお試しの化粧品をもらえることです。

いろいろとその時に気になっていた化粧品を試すことができるので嬉しいですね。

ちなみに、初めての方が購入できるトライアルキッドはビーグレンの公式ホームページのみです。

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の効果的な使い方

夜だけの使用となりますので、ご注意ください。

① 化粧水、クリームを塗った後、パール1〜2粒程度QuSomeホワイトクリーム1.9を手のひらにとります。
② 顎や、額。両頬、鼻の5点にクリームを置きます。
③ 顔の内側から外側に向かってのばします。(この時めのまわりは円を描くようにのばします。)
④ 最後に手で顔全体を包んで肌になじませるようにやさしく押さえます。

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の含有成分量

シミに効果的な「ハイドロキノン」という成分をキューソームという特別な技術で肌の奥まで浸透させているのはビーグレンの化粧品のみです。

また「ハイドロキノン」と一緒に入っているのが、

・肌をワントーン明るくしてくれるβーホワイト
・肌自身を強くしてくれるハイビスカス花発酵液

でさらにくすみのない元気な肌を作ってくれます。

ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)の口コミや評判

両頬のしみ(肝斑?)と細かな点々のシミが濃くなっていく様子が気になり出して、4年ぐらい。この2年ぐらいこちらを継続使用しています。消えてはないですが、少なくとも濃くはなっていません。伸びが良いためコストパフォーマンスが思ったよりよく、肌の調子も良いので、継続使用します。

シミにピンポイントに効くというよりは全体的に肌のトーンが明るくなって透明感のある肌になりました。久しぶりに会った友人から肌が綺麗と褒められ、改めてこちらの商品の効果を実感しました。

こめかみと頬に米粒くらいのシミが5つあり、ずっと気にしていましたが、ホワイトクリームを使用して1カ月で、濃い茶色から薄茶色に変わっています!!小さいシミなら、もうコンシーラーがなくても、ファンデで綺麗に隠れてくれるので、すごく感動しました(涙)
半年くらい使ってみて、肌の変化を楽しみたいです。乾燥、刺激、一切感じませんでした。

小さい頃からそばかすが顔全体にあり、夏場はすぐ濃くなりあれこれホワイトニングを試すも一度も効き目を感じたことがありませんでした。
しかし、ホワイトクリーム1.9は、つかうたびに少しずつ効き目を感じています!
主婦にはなかなか毎月数万円も出せないのでパーフェクトに揃えて使用は難しいですが、なんとか切り詰めてホワイトニングだけでも続けたいと思います。


ビーグレン ハイドロキノン


ビーグレンのシミ消し(ハイドロキノン)はおすすめできるか

実際使っていますが、いいものはいいです。
鏡をみて、シミがちょっとずつ気にならなくなっていくと朝から気分も違ってきます。

シミを消せるファンデーションを今まで一生懸命探していましたが、こんなことなら、ビーグレンのこのシミ消し(ハイドロキノン)をもっと早く試せばよかったと思いました。

1日や、2日では治りませんが、使い続けていくうちに、着実に薄くなっていきます。

まずは、トライアルセットがあるのでそこから気軽にお試しされることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする