ABOUT ME

初めまして。
この度は、モンちゃんの健康トレンド館MASHにお越しくださいまして誠にありがとうございます。

まずは、モンちゃんについて少しだけ紹介。

2度ほど死にかけたことがある。

1歳のころに、小児喘息を患ってそれからずっと喘息には悩みのタネ。

子供のころと比べて発症率はグンと下がり、症状もそんなに激しくないんですけね。
冬の朝や、ちょっとストレスがかかったときは要注意です!

症状が回復せず何度か入院したり、何度か死にかけたこともあり一通り経験済みです。
(なんだ、経験済みって・・・)

でも、喘息のおかげで、自分の体の声に敏感に気づけるようになったし、いろんな経験もできましたことは確か。
さらに、病気のおかげで、小学生の時から健康情報の関心は人一倍ありまっせ!

小学生の頃から免疫の本読んでましたからね。
今考えるとちょっと普通じゃないなぁ。やっぱりどこか病んでたのかなぁ。

冬はうつ病にも悩まされる

なんだか私の病気歴について語ってますが、語るついでにうつ病について。

実は冬になるとうつ病にも悩まされています。

普通のうつ病ではなく、「冬季うつ病」というもの。
これは、日照時間が短くなる冬にだけなってしまう病気で、

① とにかくずーーーーーっと眠い。
② 炭水化物を食べたくて食べたくて仕方がない。
③ 何より気持ちが冬になると後ろ向きになって被害妄想に苦しめられる。

という症状でこれがもう生活に支障をきたすレベルで辛い!

この症状高校生の時に出でからずっとこちらも悩みのタネ。
だって、どっからどうみても健康そうな私が、1日寝て過ごす。そして起きている時はパンを食べ続ける。

どんだけ怠け者だよ!

と周りから見たら、そして自分自身でも時には自分にツッコミ入れちゃったりしてました。
私自身すら状況把握できてないのに、周りからは気合いが足りない、根性がないと言われ続け、いろんな心療内科をまわりにまわりました。

なぜか春になるとその症状は一変。
元気になっちゃう!

大学に入ってからも冬になる起き上がれない。なんとか気合いで電車に乗っても駅のベンチから立ち上がれない。といった症状が続く。
もう冬になると恐怖ですよ。

大学の時は時間もたっぷりありますからね。なんとかその問題を解決しようと試行錯誤するわけです。
どうにかその状況を打破しようととにかくいろんな健康食品を試し、いろんな健康情報を読み漁りました。

そして、もしかしたら・・・と病院に行ったら

「冬季うつ病ですね」

と一言。

今まで自分の気持ちが弱いからだ。
気合いが足りないからだ。

と、今まで自分を責め続けていましたが、その一言にとても救われ、さらには、うつ病の薬を飲み始めてその症状が始めて改善され、本当にその時は嬉しかったなぁ。

慢性的な病気らしく、未だに毎年冬になると体調が悪くなります。
その予防のため、毎年何かしら挑戦しております。
>> 今年は違う!私の冬季うつ病に打ち勝つ方法

台湾では漢方薬も飲んでいました。

健康つながりで・・・実は4年ほど住んでいた台湾では漢方を飲んでいました。

東洋医学の本場である台湾では、慢性的な病気は漢方を飲んで症状を抑えることが多いんです。

台湾の漢方の飲み方は、ドラッグストアでは自分の症状にあったものをチョイス!ではなく、病院に1週間に1回ほど通い、先生にきちんと診てもらって先生が症状に合わせて漢方を調合。

人気がある先生だと2時間〜3時間待ちはあたりまえ!

いい先生のもとで調合してもらった漢方おかげで、慢性的な寝つきの悪さと、冬の体調の悪さは劇的に改善!
さらに、先生にいろいろと健康について教えてもらっていろいろと総合医学のことについての知識を得ることできたわけです。

健康になるために私ができること!

そして台湾から帰ってきてから、健康食品を本格的に売り始め、いろんな人の悩みにのっています。

でもね、今までの経験や知識をいかせることができて幸せですよ。はい。
さらに、こうやって健康系のブログを書けるのもとってもうっれしー!

喘息の時に死にかけたのに死ななかったのも、
何年も苦しい思いをしてきたのも、
いろいろな人に出会って健康の情報や経験を積み重ねてきたのも

きっと神様が

人の役に立ちなさい

と言っているのだと思います。(きっとね。)

私と同じように苦しんでいたり悩んでいたりする人の一つの情報として。
またちょっとしたきっかけになれるように。
一緒ににこにこハッピーな毎日にして行きましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする