「なぜ粗食が体にいいのか」を読みました

「なぜ粗食が体にいいのか」を読みました

なぜ粗食が体にいいのか
幕内秀夫さん、幕内秀夫さん著の「なぜ粗食が体にいいのか」を読みました。

そもそも粗食というと、どうも貧しい食事、貧相な食事を思いがちですが、著者がいう粗食とは実は・・・

私が提唱する「粗食」とは、けっして「貧しい食事」といった意味ではありません。むしろその逆で「日本の豊かな風土から生まれた豊かな食生活」のことなのです。省略「本当の豊かな食生活とは何か」を提案したいと考えています。

なるほど、つまり、粗食とは、日本の風土にそった日本人の体が喜ぶ食事なわけですね。

では実際どういう食事なのか読んでみたいと思います。



まずこの本で印象的だったのが、今の食に関する常識の背景にあるもの。

今の食に関するものとして、一日30品目食べて、塩分を10グラム以下に減らし、緑黄色野菜を300グラム食べるというのが常識的な考え方。

学校の保険室に貼ってありましたよね。こういう内容のもの。
ピラミッドの絵があって、そこに必要栄養が書かれている。

実はこの常識が広がった背景には昭和30年代の栄養改善普及運動というものがあったようです。

この栄養改善普及運動の理論的な根拠として「食生活近代化論」というものがあり、それが影響しているとのこと。この内容というのが

まず昭和25年に「タンパク質をとりましょう運動」というのが始まりました。それから昭和33年、6つの基礎食品を提唱し、この知識の普及が始まったんです。一群は米など、二群はタンパク質、三郡はカルシウムという具合に食品をまんべんなくたべるため六つに分類した表です。

これが今も健康の常識のようになっていて実際、「一日30品目食べれば体にいい」という考えに繋がっています。でも実はこの一日何品目食べれば健康にいいのかというのは実際関係がありません。

実は、健康という情報は実際とても影響力が強いものなんだそうです。

以前味の素をなめたら頭が良くなるというのが「頭脳」という本がベストセラーになったことで広がります。

今では、笑える内容ですが、当時は信じている人も多かったのも健康という情報に踊らされやすい現象の一つと言えます。

栄養素だけを考えない。全体を考える

実際、チポリフェノールがいいと言われればワインを飲み、カルシウムがいいと言われれば煮干しを食べる。この栄養素だけ考えるのがさらに食生活をわかりにくくしていると言います。

例えば、ビタミンCがいいということで、果物を食べる。そして、果糖についての本を読む。すると「果物を取りすぎると太る」と書かれている。そして果物を食べるのをやめる。

同じように、例ととして書かれているのが、

たとえばとお茶についてです。

患者さんの中には、お茶をたくさん飲む人がいます。

ご飯に緑茶をかけて食べている人までいます。

お茶っぱをミキサーにかけて粉末にしてご飯いかけて食べる人までいるんです。

理由は、お茶にはビタミンCが多く、ガンにいいという理屈です。

ところが緑茶のようなタンニンの多いのものを毎日飲んでいると鉄がタンニンとくっついて出てしまい、貧血になるという本もあるんです。

これ栄養素だけ考えると混乱してしまいます。そして、栄養素だけ考えるとコロコロと食べるものも変えなければいけなくなっちゃうんです。

ではどうすればいいのか?

著者は、栄養素は忘れた方がいいという結論を出しています。

反対に著者が推薦している食べ物とはどういうものなのでしょうか?

バランスのとれた食事は土地土地で違う

著者が体にいいものとはなんだ?
本当にいい食事とはなんだ??

と考えた時にアラブの砂漠民のことを著者は考えました。

そしてたどりついた結果が、健康にいいと言われててきた食事にはある共通点があるということに気づきます。それは

土産土法

土産土法とはどういうことかというと・・・

土産とは・・・その土地で、その季節にとれるものを食べるという意味。つまりたくさんとれるものはたくさん食べて、滅多にとれないものは滅多に食べないということ。

日本人であれば、一番にとれるものが水、そして米、それからイモ、野菜です。

土法とは・・・昔からその土地に伝わる調理法のことです。

では、実際に健康になれる食生活とは?具体的に挙げられています。

その中から気になったものを紹介。

家族と2割以上違う食事をしない

大学病院などでの食事指導は病気の食事をきちんと守る必要がありますが、病気ではない人が健康になるための食事として考えた時にまずは家族と2割以上違う食事をしないというのがポイントとなります。

無理をしていると、長く続かないからです。

お金、手間をかけない

食生活の改善のポイントが、お金をかけない、手間もかけない、誰にでもできること。

ご飯をきちんと食べること

本を読んでいろいろ試してみたけども

無農薬野菜よりも、パンをご飯にする

パン食とご飯食は明らかにパン食の方が食品添加物がたくさん入っている。だから、パン食で、一生懸命低温殺菌牛乳や100%果汁ジュースを飲ませるのであれば、ご飯食にした方が体にいいものがとれます。

買い物は「調味料・水・素材」の順でこだわる

買い物をする時に気をつけるべきものの順番は、調味料・水、石鹸・加工品・素材という順番。
調味料とは醤油、油、佐藤、塩のこと。加工品とは練り製品、大豆製品、缶詰のこと。
素材というのは、米、野菜、魚のことです。

自然食品で買うときはお店に豆腐がたくさんあるか。

体にいいものを取り扱っているというイメージがある自然食品店。実はピンからキリまであるんですって。

それでその中でいい自然食品のお店で買う場合見分ける方法というのが、豆腐が置いてあるか。

これで店の良し悪しを見分けることができるそう。
また豆腐以外にも野菜、納豆、パンがといった一般食品がたくさん置いてあるところはいい店だと思って間違いありません。

逆に健康食品がたくさん置いてあるところは、あてにならないと思って間違いなさそうです。

簡単だけど確実に体を変える方法

粗食を考える人の中には体質改善などをしたいと考えていらっしゃる方も多いとのこと。この本でもその体質を変えていく、体を変えていく方法が紹介されています。

食生活の改善で一番大事なことは、とにかくご飯をきちんと食べることです。

今まで私は何冊か本を書いているんですが「本を読んだけれど、全部は実行できない。でも、ご飯だけはたくさんたべるようにしたら体が変わった」という内容の手紙が何通も来ています。

ひたすら米を食べるというのは、言い換えると余計な油や砂糖、乳製品をとらないということ。

そして米がいいのは、味が薄いので飽きないということ。

お米の対極にあるパンは、どうしてもバターなど余計な油が連動ほしくなるからあまりよろしくない。

他にも、季節ごとの野菜のとりかた、塩や魚などのとりかたも丁寧にその根拠とおすすめ方法が書かれています。

この本では結構厳しいことが書いてあるのかな?と読む前は思ったのですが、筆者は、手軽にとれて、体にいいもの、持続しやすいものをわかりやすく説明してあるのでとてもとっかかりやすい。

反対にダイエット本などにもあげられる厳しい食生活に対して、「偏食」だと主張しています。

結局無理なく、あたり前の食生活が一番いいんです。
その無理がないというのは、お金が余計にかからず、美味しく食べれること。

食についてこだわっている人はもちろん、いろいろと食の情報読んでいたら結局何がいいのかわからない!という方にもおすすめの本です。

この本では食の基本を教えてくれます。


なぜ粗食が体にいいのか

● 作者: 帯津良一、幕内秀夫
● 出版社/メーカー: 三笠書房
● メディア: 文庫本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする